ホットヨガで毒素を排出してリフレッシュ

ホットヨガスタジオ ラビエTOP > コラム > ホットヨガで毒素を排出してリフレッシュ

ホットヨガで毒素を排出してリフレッシュ

 ホットヨガは、気温38?40度、湿度60%前後に調整された室内でヨガを行います。暖かい環境でたっぷり汗をかくことで、毒素を排出するというデトックス効果が得られるということで女性から支持されています。

毒素を排出するというデトックス効果が得られるヨガ

 皮脂腺から分泌された汗は、老廃物が含まれています。日常的にかく汗は汗腺から分泌されるもので、老廃物はほとんど含まれていません。こちらはサラサラしていて、体内の水分が出ているだけです。
 一方、皮脂腺から分泌された汗は、毛穴汚れ、体内に蓄積された有害金属などの毒素を含んでいます。有害金属が体内に溜まると、新陳代謝が低下して健康や美容に悪影響を生じます。
 具体的には、痩せにくい、疲れやすい、肌トラブルが起こりやすい、生理不順、などが起こりやすくなります。

・毒素排出に焦点を当てたリンパ腺刺激のプログラムの登場

 ホットヨガ単独でもデトックス効果は得られますが、最近ではさらに毒素排出に焦点を当てたリンパ腺刺激のプログラムもあります。ホットヨガとリンパ腺刺激の動きを組み合わせることで、デトックス効果をアップさせます。
 リンパ腺の中を流れているリンパ液は、簡単に言えば全身のゴミ収集車のような役割を担っています。死んだ細胞もこのリンパ液によって回収されて外に排出されます。
 このゴミ収集車の動きが止まってしまうと、回収された老廃物が外に出ていかなくなり、体に前期のようなトラブルが起こりやすくなります。つまり、痩せにくい、疲れやすい、肌トラブル、生理不順、といったことが頻繁に起こってしまう体質になるということです。
 リンパ腺を刺激するホットヨガでは、リンパ液の流れが滞りやすい部位を中心に刺激します。老廃物を排出しやすい状態にしつつ、ホットヨガでデトックスを行うので、効率的にリフレッシュさせることができます。

ヨガのレッスンで期待できる効果とは

 1レッスンあたり約60分が平均で、個人差はありますが1リットル以上の汗が出ると言われています。よく勘違いする人がいますが、汗をかくから痩せる、健康になるわけではありません。前述のように新陳代謝を低下させる原因となっていた老廃物が排出されることで脂肪が燃えやすくなったり、体を冷やす原因になっていた余分な水分が減ることで冷え性が改善される、ということです。
 この効果はヨガの動きを行っている間だけではなく、繰り返しレッスンを受けることで体質が変化して、新陳代謝が高くなり、痩せやすい、疲れにくい、健康的な肌、正常な生理サイクル、になります。
 下は20歳、上は80歳の人たちが参加しているので、気軽に始めてみると良いでしょう。