ホットヨガは医学的にも病気の予防につながる

ホットヨガスタジオ ラビエTOP > コラム > ホットヨガは医学的にも病気の予防につながる

ホットヨガは医学的にも病気の予防につながる

 ホットヨガと通常のヨガとの違いは何でしょうか?
 ホットヨガとは、室内の温度を38℃、湿度を65%に保った状態でヨガを行うことに特徴があります。温かく保たれた気温の中では筋肉がほどよくほぐれ、傷めるリスクを減らすことができます。体の柔軟性もアップするので、体が硬めの人であっても無理なくよりしなやかな動作を行うことができます。

温かく保たれた気温の中でおこなうホットヨガとは?

 温かい気温と湿度の中でのヨガは大量の汗をかきます。この汗をかくことで老廃物の排出を促し、新陳代謝を良くし体全体のデトックスに役立ちます。
 また、その他女性に嬉しい特徴としてはダイエットにつながる効果が期待できることです。汗をかくことですっきりする他、ホットヨガでは体の奥の筋肉を使うことで基礎代謝を上げ、脂肪が燃えやすい体作りにつながります。
 基礎代謝は何もしていない状態でも脂肪を燃やしてくれるエネルギー量のことですが、筋肉がつけばつくほどこの基礎代謝がアップします。筋肉は維持するだけでもエネルギー消費が必要なので、筋肉がある人ほど脂肪燃料効率のよい太りにくい体質と言えるのです。

・リバウンドしにくく、体の健康も維持する

 食事制限などの無理なダイエットと違い、代謝量をあげるタイプのダイエットはとても健康的です。筋肉を付けることで脂肪燃焼を促すので、リバウンドしにくく、体の健康も維持することにつながります。

体を温めることによってさまさまな効果を促すホットヨガ

 このようにホットヨガでは、ダイエット効果の他にも体を温めることによってさまさまな効果を促します。実はこの体を温めることがあらゆる病気の予防につながることは医学的にも証明されています。
 逆に体の冷えは、体に様々なトラブルをもたらします。冷え性を始め、むくみや肩こり、腰痛なども体の冷えからくる血行不良がその原因の1つとなっています。体を温めれば血の巡りがよくなり、栄養や酸素が体全体にいきわたりやすくなり老廃物も排出されやすくなります。

・体質に改善するのは、心身ともに健康を維持するためにとても大切

 また、体温が高い人は低い人に比べて分免疫力が高くなります。体温が1℃上がれば免疫力は5~6倍にもなり、病気になりにくくなるのです。現代人は昔の人に比べて体温が低く、慢性的に低体温の人も増加しています。低体温は免疫力の低下を招き、風邪を引きやすい他、感染症や心臓病まで色々な病気にかかりやすくなると言われています。
 その他、精神的な気持ちの落ち込みなども体の冷えから起こる場合もあります。体温を上げて汗をかきやすい体質に改善するのは、心身ともに健康を維持するためにとても大切です。