ホットヨガは病気を跳ね除ける

ホットヨガスタジオ ラビエTOP > コラム > ホットヨガは病気を跳ね除ける

ホットヨガは病気を跳ね除ける

 病気になりがちな人は、体の機能が弱っているだけではなく、体温が低下したり血の巡りが悪化しています。

ホットヨガは体を温めながら取り組む健康法

 ホットヨガは、体を温めながら取り組む健康法で、安全でありながら病気を跳ね除ける事が出来る方法です。
 その特長は、室内を温めて汗をかき易い環境を作り出す事で、ホットヨガの名前の由来になっている点です。

・真夏の南国に相当する温度が設定されるホットヨガ

 ホットヨガの特長である室温は、真夏の南国に相当する温度が設定されるので、一般的な室内では実現する事が難しいといえます。
 しかし、ホットヨガスタジオでは、取り組みに最善の温度が設定出来るだけではなく、一定に維持が行える点も優れています。
 更には、湿度も同時に調節が行えるので、正にホットヨガの取り組みに最善の環境が整えられます。
 高過ぎる湿度は、汗の乾きを遮るので体調不良に陥り易くなりますが、逆に乾燥し過ぎていると体が冷えてしまいます。
 適度な湿度の維持、これもホットヨガの効果を引き出す為のポイントなので、温度と合わせて維持出来るスタジオで取り組む事がおすすめです。

 ヨガ全般は、なれない体の使い方を行うので、最初はポーズを覚える事が難しかったり、思った通りの動作が行えない可能性はあります。
 ただ、これが健康を引き出す真髄なので、取り組み続ける意思によって病気を跳ね除ける体の強さを得る事が出来ます。

体が温められて血の巡りは良くなるホットヨガの効果

 女性にとっては、体調の状態が全体的に良くなるので、便秘が解消されたり、肌の艶が良くなるといった効果も得られます。
 一方では、体が温められて血の巡りは良くなるので、目の下のくまや不健康そうな顔色も同時に改善される事があります。
 冷房が効き過ぎている室内は、体の機能が狂って直ぐに体調が悪化し易くなります。現代病に繋がる環境機器の存在は、使い方次第で快適性が損なわれる事態に陥ります。自室であれば、温度設定の注意を行う事で、健康を害する問題を取り除く事は十分に行えます。
 ところが、オフィスや集団で使う事がある環境では、中々個人の意見が反映されないケースは多くあります。自己防衛も大切ですが、極端な温度下では短時間でも健康が損なわれるので、失った健康はヨガ等で取り戻す事が重要です。

・取り組みを習慣化することが大切

 高温多湿環境下では、体本来の機能が問われる状況なので、危機感を持った脳は体内の能力を発揮して環境に適応を行おうとします。
 体の機能が目覚める為に必要な期間は、衰えた状態によりますが、長時間耐えられる様になれば自然と体内の能力は活発になります。取り組みを習慣化する事で、病の種を遠ざける事は出来ますが、同時に体の機能がフル活用可能になるので、誰が見ても健康的な若さと活力を得る切っ掛けに変わります。