ホットヨガを体験して体をスッキリと

ホットヨガスタジオ ラビエTOP > コラム > ホットヨガを体験して体をスッキリと

ホットヨガを体験して体をスッキリと

ホットヨガを体験すれば



いつまでも綺麗でいたいと思うのは女性は誰しも、同じ願いを持っています。夏までにダイエットをしたいと思っても実践しなければなかなかダイエットは進みません。短期間でもっと綺麗になりたいと思うならおすすめはヨガです。ヨガはインナーマッスルが鍛えられるので効率よく体を鍛えていくことが出来ます。ヨガの中でもホットヨガは、びっくりするほど汗が出てヨガをした後は気分が爽快になると女性の中で人気急上昇中です。

ヨガの発祥の地はインドですが、ホットヨガの発祥の地はインドではなくアメリカのあるスタジオです。インドと同じ環境でヨガを取り入れようと気温と湿度をインドに近づけて始めたのが発端です。日本にも専用のホットヨガスタジオがいたるところで出来ていますので体験出来ます。

ホットヨガはかなり汗が流れ出てくるのでしっかりと水分補給しながら行います。水分を摂らなければ脱水症状を起こしかねないので気をつけましょう。ゆっくりと鼻呼吸しながらポーズをとれば気分も爽快です。汗をたくさん流すことで新陳代謝も上がります。




ホットヨガ体験は解毒効果も



ホットヨガは自宅でやるのは難しいのでスタジオに行って行います。発汗やデトックス効果が高いので効果的なダイエットが出来ます。内臓機能を強化して、自律神経を正常にする効果もあるのでダイエットできるだけでなく太りにくい体を作ることもできます。柔軟性も高まるので怪我をしにくくなります。汗をかくことでデトックス効果があり、代謝を高めることもでき、普段動かさないところも効果的に動かしていきますから衰えてきた筋肉を再び鍛え上げることが出来ます。年齢とともにたるみがちだったお尻も筋肉を鍛えることでピンとハリのあるお尻になリます。

ホットヨガは室温39度から40度、湿度55%から65%の中で行います。サウナの中でヨガをするようなイメージなので汗の量は半端ないです。温度も湿度も高いところでヨガをするので、普通にヨガをするより身体が温まるのが早いです。

ホットヨガスタジオに出来るだけ多く通ってスッキリ体型になりたいと思うかもしれませんが、毎日筋肉を動かすのはあまり良いことではありません。筋肉を使ったら休ませることも必要なのです。ただしヨガはインナーマッスルを使うので毎日行っても筋肉負担にはなりませんが、週2~3回が適当な回数だと言えます。自宅では出来ないないのでスタジオまで通うことになり時間や労力を考えても週2~3回がベストだと言えます。スタジオに通うのが遠く負担になるようでしたら週1回でもかまいません。出来るだけ継続してヨガを行っていくことが体を鍛えるためには大切なことです。短期間で集中して行っても意味がないのです。

ホットヨガは激しい動きはありません。ゆっくりとした動きなので運動が苦手な人でも挑戦しやすいでしょう。きちんと定期的に通えば週1回であっても必ず効果は体に現れてきます。目に見える効果があると嬉しいのでさらに続けていこうと意欲がわきます。

自分の好きな時間に自宅で行うことが出来るわけではないですが、継続は力なりという言葉があるように継続していくことで結果は目に見えて出てきます。途中で面倒くさいと思って挫折しないように続けていきましょう。



オシャレなヨガウェアで気分もアップ



ヨガウェアを素敵なものにすればさらにやる気も上がります。大量の汗をかくホットヨガには、短い丈のボトムが適しています。オシャレなヨガウェアを手に入れると気分が上がるだけでなく次にスタジオに行くことが楽しみになります。ヨガをしている人は自分磨きを怠らない女性が多いので、オシャレな人が多いです。その人たちからも引けを取らないためにもヨガウェアには気合いを入れたいものです。

また、スタジオに行くまでに服装も手は抜けません。アウターはパッチポケットやフード使きがスポーティーな雰囲気でおススメです。ヨガスタジオに行くのにスーツやかちっとした服装で行くのは適していません。会社帰りの場合は仕方がないですが、休日にスタジオに通う場合はそれに適した洋服を選びましょう。夏場ならは織物は必要ありません。普通にTシャツにゆるめの麻のパンツもオシャレ度が高いです。ベルスリーブもファッション性も高いアイテムの一つです。スタジオへの行き帰りでも気合いを入れると楽しさややる気が増します。

「まずは形から入りたい」という場合、オシャレな服装でヨガに来ている人にどこで購入したのかを聞くのも一つの方法です。ヨガを始めたばかりであれば、どのお店がおススメなのかも分からないですから、ベテランの人に聞きましょう。「素敵なウェアですね、どこで買われたのですか」と聞くことで親しくなることもできます。

次の記事へ