ホットヨガ体験で自分の体の不調を自覚しよう

ホットヨガスタジオ ラビエTOP > コラム > ホットヨガ体験で自分の体の不調を自覚しよう

ホットヨガ体験で自分の体の不調を自覚しよう

 ホットヨガは通常のヨガと同じポーズを行いながら、スタジオ内の温度を38℃から40℃、湿度を55%から65%に温度を調節し高温多湿な環境にします。このような状況下でポーズを行うメリットは、筋肉の柔軟性を高め、体の柔軟性がない人でも安全に無理なく取り組めることや、新陳代謝を良くし老廃物の排出を促してデトックス効果が期待できることです。

新陳代謝を良くし、デトックスを促すホットヨガ

 ストレスや心の疲れからくる体の不調、自律神経の乱れを改善し本来の体がもつ免疫力を高めリセットすることから、ホットヨガは女性に人気の美容やダイエット方法だけでななく健康面でも注目されています。ホットヨガと聞いて、自分は暑がりだから向いていないという人がいますが、そういう人の中には隠れ冷え性になっている割合が比較的高い傾向があります。

・隠れ冷え性のデメリット

 代謝が良く汗をかく暑がりで、冷え性とは無縁の人もいるかもしれませんが、汗をかかず手や足、顔だけがポカポカと火照っている状態の人は、冷え性の自覚がない隠れ冷え性の可能性があります。冷えの状態をそのままにしておくと、肩こりや腰痛、重い生理痛や頭痛などの体の不調や、ダイエットをしてもなかなか効果があらわれにくく、継続が難しい悪のスパイラルに陥ってしまいます。
 隠れ冷え性は、内臓が冷えていることからくるもので、なかなか自分では認識しづらいのが実際のところです。自分で予防できる範囲では、入浴時は湯船にしっかり浸かったり、冷たい飲み物をできるだけ避け、温かいものをとることがあげられます。体を動かすためストレッチも必要不可欠ですが、冷え性の人は筋肉が凝り固まっている場合が多いので、体の痛みが伴い継続しにくいのが難点です。

ホットヨガサロンでの体験レッスンがおすすめの理由

 ホットヨガは自宅でするのが難しい点がデメリットではありますが、サロンならではの整えられた環境と、ヨガはもちろん美容や健康面にも詳しいインストラクターと一緒に健康づくりができるのは心強いでしょう。自分の体の不調を自覚することはこれから先の健康にもつながり、日々の生活の質にも影響します。
 一度自分の体を振り返り自覚するためにも、体験レッスンを受講してホットヨガに触れてみるのもいいかもしれません。体験レッスン後はインストラクターからカウンセリングもあるので、その際に不安なことや健康面のことを相談するのもいいでしょう。
 ホットヨガを体験してみることで今まで気づかなかった体の不調と向き合い、新たな健康づくりの良いきっかけになるかもしれません。